女性にうれしい効果がある|体の調子が悪いときはアミノ酸を摂取しよう|PMS対策にも効果的
男性女性

体の調子が悪いときはアミノ酸を摂取しよう|PMS対策にも効果的

女性にうれしい効果がある

女性

大豆胚芽に多く含まれているのが「イソフラボン」です。イソフラボンは女性にうれしい効果が沢山ある成分です。イソフラボンは女性ホルモンのひとつエストロゲンとよく似た化学構造をしているため、植物性エストロゲンとも言われています。イソフラボンの経口摂取により、体内で不足したエストロゲンを補えます。主に更年期障害の緩和、肌のうるおいアップ、美髪効果、美白効果、豊胸効果、骨粗しょう症予防効果などがあります。イソフラボンは大豆加工食品に沢山含まれています。また、サプリメントで補うこともできます。油を使う食べ物の場合カロリーが気になりますが、サプリメントならカロリーが気にならず、水と一緒にいつでも簡単に飲めます。

日本の食品安全委員会が公表しているイソフラボンの一日の摂取量の目安は、75mg程度です。1パック45グラム入りの納豆は2パックほど、一丁300gのお豆腐は一丁、豆乳は400g、きな粉は大匙8杯ほどで一日分のイソフラボンが摂れます。また、みそやお醤油などの大豆調味料にも含まれています。和食に使う材料には多くのイソフラボンが含まれていて、日本人は昔から無意識にイソフラボンを摂取しています。和食をあまり食べない日はサプリメントで補うのがおすすめです。サプリメントで上乗せする場合は、30mg程度が理想的です。過剰摂取にならないように、その日食べた大豆食品との組み合わせを考えながら、摂取量を調整して飲むことをお勧めします。